キャットフードを変えてアレルギーが出た場合

愛猫も人間と同じようにアレルギーになります。最近では花粉症になるネコちゃんもいるようです。「体をかきむしる」「発疹ができる」「下痢・嘔吐」「咳」などの症状が出たらアレルギーが考えられます。

アレルギーの種類

猫のアレルギーには、首輪や食器、カーペットなどに触れることで発症する「接触性アレルギー」、ハウスダストやカビ、花粉などが原因の「アトピー性皮膚炎」、食品に含まれるタンパク質による「食物アレルギー」があります。キャットフードを変えてアレルギー症状が出たら、この食物アレルギーが考えられます。特に成猫が下痢をするようになった時は、食物アレルギーの疑いが濃厚です。

食物アレルギーの3つの症状

キャットフードを変えたことでおこる食物アレルギーは、大きく3つの症状に分かれます。

皮膚炎

毛が抜けたり体を痒がったりします。体を頻繁にかきむしるような行動になった時は要注意です。かきむしることで皮膚が傷つき、ばい菌が侵入すると皮膚が化膿する危険性があります。

下痢

子猫の時はよく下痢をしますが、成病になるとほとんど下痢をすることはありません。キャットフードを変えて下痢をおこしたら、キャットフードに原因があります。そのままにしておくと大腸炎になることがあるので体調の異常があった時は、そのキャットフードを与えるのは止めた方が良いでしょう。

普段の生活でネコちゃんが咳をすることはまずありません。キャットフードを変えて咳をするようになったら危険です。呼吸困難になり死にいたることもあるので、すぐに獣医さんに診断してもらいましょう。

食物アレルギーになったら

キャットフードを変えて食物アレルギーになった時は、まず、動物病院でアレルギーの原因となる「アレルゲン」を特定してもらいましょう。一般的なアレルゲンとして考えられるのが、キャットフードに含まれるタンパク質や穀物です。獣医と相談してアレルゲンのないキャットフードや療法食を与えるようにします。

未然にアレルギーを防ぐために

低価格のキャットフードは、穀物がメインのものが多くなっています。食物アレルギーを予防するためには、穀物がメインのものは避けた方が良いでしょう。また、添加物もアレルギーを助長させる危険性があります。「グレインフリー(穀物不使用)」で無添加のキャットフードがオススメです。

[出典]
激安キャットフードの危険性
http://www.officialslyandrobbie.com/cheap.html
キャットフードを変えてアレルギーが出た場合
http://www.ame-today.com/22.html
キャットフードに含まれる添加物について
https://www.linux-cn.com/html/linux/beginner/20070530/44532.html

© 2018