キャットフードによって糞の臭いが変わる

糞が臭いのは、人も猫も同じですが、特に猫の糞は他の動物よりも臭いと言われています。
しかし、糞の臭いはネコちゃんの体質や体調によって違いが出てきます。愛猫の健康管理のためにもその理由を知ることが大切です。

なぜ猫の糞は臭いのか?

そもそも糞が臭いのは、腸内で消化できなかったタンパク質が腐敗することが原因です。猫はタンパク質を多く必要とする動物で、人の4倍~5倍の量を摂取しなければなりません。当然未消化のタンパク質も多くなります。その結果、他の動物よりも糞が臭くなるのです。

糞の臭いを軽減するために

ペット関連メーカーも、猫の糞の臭いを軽減するための工夫を色々おこなっています。トイレの砂も臭いをくるんでしまうものやそのままトイレに流せるなど、部屋に臭いを残さない努力をしています。また、キャットフードでも臭いを軽減する効果のあるものも発売されてきました。

キャットフードで糞の臭いは変わるのか?

糞が臭いのは腸内の未消化のタンパク質が原因ですが、キャットフードに消化の悪いものが多いとさらに未消化のタンパク質が増えてしまいます。タンパク質は愛猫にとっては重要なものですから量を減らすことはできません。問題はキャットフードの消化吸収が良いかどうかです。穀物が多いキャットフードは、ネコちゃんは上手に消化吸収できないので、糞の臭いは臭くなりがちです。また、粗悪な肉や魚が原材料のキャットフードも消化不良の原因になります。

消化吸収の良いキャットフードとは

未消化のタンパク質を少なくするためには、穀物を使用していないグレインフリーか穀物が少ないキャットフードがオススメです。また、良質の肉や魚を原材料にしているものも消化に良いので選ぶようにしましょう。

糞の臭いを軽減するために、腸内環境を改善する乳酸菌や消臭効果のあるカテキンが配合されているキャットフードも販売されています。

粗悪なキャットフードは、糞も臭い

穀物がメインのキャットフードや原材料が良く分からないキャットフードは、愛猫が消化不良をおこしやすくなります。この結果、糞が臭くなってしまうのです。愛猫との暮らしを快適にするためにも、消化の良い良質のキャットフードを選ぶようにしましょう。

© 2018