猫がキャットフードを吐いたときには?

猫は犬よりも、よく吐く動物です。これは、体に害のあるものを食べた時に、体を守るために吐く習性があるためです。猫は解毒に対する能力が高いのです。ですから、愛猫がキャットフードを吐いても神経質になる必要はありません。但し、場合によっては病気などの可能性もあるので、愛猫の様子を観察することも大切です。

吐いた時の状況を確認する

愛猫がキャットフードを吐いた時には、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 吐いたのはいつか?(食前。食事中、食後)
  • 何回吐いたか?
  • 吐いたものに何か混ざっているか?
  • 吐いた後に食欲はあるか?

吐いた状況次第では、病気などの可能性があります。

病気が疑われる場合

何度も頻繁に吐いたり、吐いたものに血が混ざっている場合は、なんらかの病気の疑いがあります。また、吐いた後に食欲がなくぐったりしている状態も良くありません。獣医さんに診断してもらうのがベストです。また、嘔吐したものに寄生虫が入っている場合も要注意です。寄生虫を持っていくか写真を撮って、獣医さんに相談して下さい。

健康なのに吐く場合

吐いた後でケロッとして食欲がある場合に考えられる原因として、「早食い」があります。一気に食べて喉に詰まらせたり、食べ過ぎて消化不良をおこして吐いてしまうのです。早食いが原因の場合は、一回の量を少なくしましょう。

また、キャットフードの粒の大きさや形が原因で吐くこともあります。特に子猫の場合は、大きい粒のものは詰まりやすいので、小さく砕いて与えるようにしましょう。

毛が生え変わる時期には、毛づくろいで胃に毛玉が溜まります。このような時期には毛玉を吐き出そうとしてキャットフードを吐くことが少なくありません。手玉が溜まらないようにこまめにブラッシングをしてあげましょう。

キャットフードの原材料が原因で吐くこともあります。特に猫が消化の苦手な穀物が多く含まれているものには注意が必要です。また、キャットフードに含まれる添加物と原材料の組み合わせが、愛猫の体質に合わない時に、吐いたり下痢をしたりすることがあります。

愛猫をよく観察しよう

猫はよく吐く動物だと言われても、実際に愛猫が吐いている姿を見ると心配になります。まずは、慌てずに吐いた状況と愛猫の様子を観察しましょう。そして異常があれば、すぐに獣医さんに相談することが大切です。

© 2018