キャットフードの与え方で困ったら

猫は、気分屋でわがままな動物です。病気でもないのに大好きだったキャットフードも突然食べなくなったりします。美味しいおやつの味を知ると、それが出るまで他のキャットフードには見向きもしない頑固な性質です。飼い主にとっては、キャットフードを与えるだけでも一苦労ですね。

食事の回数を決める

ネコちゃんは、「ダラダラ食い」です。お皿にキャットフードが入っていれば、一度に食べないで、少しずつ食べる習性があります。飼い主にとっては手間がかからないので好都合ですが、このダラダラ食いがわがままを助長させてしまいます。

子猫で1日2回~3回、成猫で1日2回、時間を決めて与えるようにしましょう。キャットフードを食べ残しても、30分ぐらいしたら片づけるようにします。ダラダラ食いを改めるだけでも、キャットフードの食べ方は変わります。

食事の環境は清潔に

ネコちゃんは、とてもキレイ好きな動物です。キャットフードが散らばったままだったり、お皿にゴミが入っていたりすると食欲が減退する愛猫も少なくありません。常にエサ周りは清潔に保っておきましょう。

ドライタイプとウェットタイプを併用する

多くのネコちゃんは、ドライキャットフードがメインの食事になっているはずです。ドライキャットフードは、総合栄養食ですから栄養のバランスは良いですが、愛猫にとっては物足りなさを感じてしまいます。食いつきの良いウェットキャットフードを併用することで、ネコちゃんの満足度をあげることができます。但し、ウェットキャットフードはカロリーが高めなのであげ過ぎは肥満の原因になります。また、「鰹節」などをトッピングしてあげるのも効果的です。

ライフステージに合わせる

成長期の子猫は、多くのカロリーが必要です。しかし、消化器官が未発達なので成猫用のキャットフードでは消化が上手くできずカロリー不足になる可能性があります。子猫用のキャットフードを与えるのがベストです。またシニア猫になると歯や消化器官が衰えるので、食べ方に変化があったら成猫用ではなくシニア猫用に切り替えるようにしましょう。

愛猫の様子をみる

わがままでキャットフードを食べないのなら心配ありませんが、体調不良が原因の場合があります。ウンチの状態や被毛などを日頃からチェックして、異常がある場合は獣医さんに診てもらうことも必要です。

© 2018