キャットフードを切らしたときに何をあげればいいか

「まだ残っている」と勘違いして、キャットフードが切れていた・・・なんて経験のある飼い主も方もいるはずです。キャットフードに慣れていると、いざ他の食べ物を与えようと思っても、何をあげたら良いのか迷ってしまいますね。キャットフード以外で、愛猫が食べても良い食べ物には、どのようなものがあるでしょうか?

与えて良いもの

肉・魚

冷蔵庫にある肉や魚もネコちゃんにはご馳走です。但し、生のままで与えるのは良くありません。特に川魚には寄生虫がいる可能性があるので、内臓を取り除いてしっかりと火を通すことが大切です。サーモンや白身魚もネコちゃんの大好きな魚です。茹でたり焼いたりした後に、ほぐして与えると食べやすくなります。この際、小骨などがひっかからないように取り除きます。魚でも青魚には注意が必要です。不飽和脂肪酸のDHAやEPAは過剰に摂取すると「黄色脂肪症(イエローファット)」という病気になる危険性があります。与えすぎないようにしましょう。

肉の場合は、脂身を取り除き湯がいたものを細かくして与えます。鶏の胸肉やササミは低脂肪でタンパク質が豊富に含まれているのでオススメです。

乳製品

チーズやヨーグルトはネコちゃんが大好きな食べ物のひとつです。野生の猫は獲った食べ物を保存する習性があり、発酵したものを食べていました。そのため、発酵食品は猫にとってご馳走になります。但し、カッティングチーズは塩分があるので、カッテージチーズなどの塩分の少ないものを選びましょう。ヨーグルトも砂糖の入っていないプレーンヨーグルトが良いでしょう。また、発酵食品では「納豆」も消化が良くタンパク質も豊富なのでオススメです。

ゆで卵

以外に知られていないのが、「ゆで卵」です。卵には必須アミノ酸やビタミンが含まれています。栄養価が高いので、愛猫の食べ物としては理想的です。生でなくしっかりと茹でたものを与えて下さい。

その他

その他にも、「ハム」「無塩煮干」「かつお節」などネコちゃんの好物は色々ありますが、与え過ぎには注意が必要です。

愛猫の健康のために

キャットフードが切れてしまった場合には、人の食品を上手に利用することは可能です。しかし、栄養のバランスを保つことは難しいので、なるべく早めにキャットフードに戻しましょう。

© 2018