キャットフードアレルギーの治し方

愛猫も人と同じようにアレルギーがあります。最近では花粉症にかかるネコちゃんもいるようです。ハウスダストやプラスチック、壁紙などにもアレルギーを引き起こすことがありますが、ネコちゃんに多いのが、「食物アレルギー」です。キャットフードに配合されている成分が原因のアレルギーで、「キャットフードアレルギー」とも呼ばれています。では、どうして食物アレルギーになるのでしょうか?

食物アレルギーのメカニズム

食物アレルギーは、食物に含まれるタンパク質や穀物が「アレルゲン」となって免疫機能のバランスを崩してしまうことで発症します。本来は、食物ではアレルギーはおこりませんが、ネコちゃんの体質によっては、特定の物質を「異物」として判断してしまう場合があります。すると体を守るべき免疫機能が体に害を与えるようになってしまうのです。

食物アレルギーの症状

食物アレルギーの症状として多いのが、「嘔吐や下痢」「皮膚の痒み」「脱毛」などです。痒みが激しいと引っ掻くことが多くなり皮膚を傷つけてしまいます。悪化すると「膿皮症」や「外耳炎」になる危険性があります。日頃から愛猫の様子を観察することが大切です。

アレルギーの原因を特定しよう

何が食物アレルギーの原因なのかは、動物病院で検査すれば「アレルゲン」は特定できます。一般的にアレルゲンとして多いのは、「牛肉」「豚肉」「鶏肉」「卵」「牛乳」などのタンパク質と「小麦」「大豆」「トウモロコシ」などの穀類です。アレルゲンは猫によって様々ですから、きちんとアレルゲンを特定することが大切です。

アレルゲンのないキャットフードに切り替える

食物アレルギーのある愛猫には、アレルゲンのないキャットフードに切り替えることが必要です。牛肉や豚肉がアレルゲンであれば、鹿肉や魚などがメインのキャットフードに切り替えるのも良いでしょう。穀物を使用していない「グレインフリー」のキャットフードも効果的です。また、低アレルギーのキャットフードも販売されているので、獣医さんと相談して選択するようにしましょう。また、食物アレルギーが改善するまでには2週間から6週間はかかります。キャットフードを切り替えても効果がないと早い段階で判断するのは良くありません。6週間ぐらいは様子を見ることが大切です。

良質のキャットフードを

食物アレルギーの症状が軽い愛猫でも、キャットフードの添加物や原材料には注意が必要です。粗悪な材料や危険な添加物はアレルギーを悪化させる可能性があります。極力良質のキャットフードを選ぶようにして下さい。

[出典]
キャットフードのアレルギーとは
http://tiny.boo.jp/Allergy.html
アレルギー対策用キャットフード
http://www.nortellearnit.org/technology/Digital_Ethics/
低アレルギーキャットフードについて
http://www.gardencinema.jp/96.html
低アレルギーのキャットフードについて
http://ballplayers.jp/topic026.html

© 2018